カーシェアリング English Contents

    【英語版】Daimler AG “car2go” will deployed in Japan? The Future of mobility in Japan | ダイムラーAGのカーシェアリング「car2go」は日本に上陸するか?日本のモビリティの未来

投稿日:2017年1月3日 更新日:

Japanese Contents

What’s “car2go”?

Do you know service of “car2go”?

Car2go is the service of the car share from 2008 by Daimler AG in the world.
It unfolds in Germany, the United States, Canada, Italy, Spain, Austria, New Zealand, Sweden, China.

(quote:car2go.com)

【Official site】 car2go.com

Anyway, car2go’s characteristic is an “ONE-WAY USE”.
You can drop it off if on designation areas. (※Depends on a country and a city.)

The number of users, fee, vehicle

More than 750,000 people in the world registrated car2go.
The number of vehicles are more than 13,000 vehicles.

The following is the price of car2go.

━━━━━━━━━━━━━
Per minute  $0.41 + taxes/fees
Per hour   $10 (regularly $14.99) + taxes/fees
Per day    $50 (regularly $84.99) + taxes/fees

※As use in the state of Washington.
※At the exchange rate of 101.02 yen to the U.S. dollar.
━━━━━━━━━━━━━

It is mainly to be used 2-crew compact car “smart for two” of Daimler AG.


(quote:http://www.smart-j.com)

【Official site】smart for two

Focuses “Movement in the cities”

Car2go sevice focuses “Movement in the cities”.

The COO of car2go who visited Japan in the end of June, 2012 said “If when move the middle range, use existing carsharing. If when move the short range, use CAR2GO. those supposes that coexistence will be possible”.

38 yen one minute! On-demand model carsharing “car2go” | 1分わずか38円!世界中で3秒に1人が乗車している、オンデマンド型カーシェアリング「car2go」(記事:2013年)

In the United States, it is common that is able to parking both sides of the road.
If you are the place that does not become the illegal parking, we seem to be able to park anywhere.

He show entry will in Tokyo in 2012, and it is four years in 2016.
Will “car2go” of Daimler AG have been deployed in Japan?

Japan’s “garage law” was a wall

Judging from a conclusion, present car2go seems to difficult service in Japan.
The reason is Japan’s “garage law”.

In Japan, we must acquire “garage places proof”.
And the car must be returned to the parking lot of “garage places proof”.
With the one-way carsharing method, the “garage law” becomes a problem and can not progress “one-way”services.
That is why car2go cannot use one-way carsharing in Japan.

How movement in Japan?

I think there are two topics to watch out for.
The first, it is the development of small electric car “COMS” and “i-ROAD” by the cooperation of Toyota and Times.
The second is a demonstration experiment in Shibuya-ku and Setagaya-ku by “i-ROAD” which can ride two people, using the “microminiature mobility authorization system” by the Ministry of Land, Infrastructure and Transport.

【Official site】「Times Car PLUS × Ha:mo」|【公式サイト】「Times Car PLUS × Ha:mo」

(quote:plus.timescar.jp)

Times collaborated with Toyota, developing compact electric vehicles “COMS” and “i-ROAD” mainly in the eastern part of the city center, and an area spreads out sequentially.

We can understand that Japan is trying to boost.
It was boosted by the Ministry of Land, Infrastructure and Transport.
It is a change of the interpretation of “the garage law” of September, 2014.
On the premise that each car is managed by IT, it stated that it is not necessary to return to the garage place.

About handling concerning implementation of so-called one-way rent-a-car type carsharing|いわゆるワンウェイ方式のレンタカー型カーシェアリングの実施に係る取り扱いについて

Why they drop off “One way carsharing service”? It had limitations by an administrative government office to decide|カーシェア「乗り捨て」、撤退相次ぐワケ – 規制緩和から1年、実現に行政裁量の壁 –

Parking in streets becomes a problem in narrow Japan.
Although using a small electric car, it is necessary to provide as many as 2-3 times as many dedicated blocks.
Again, we can make you think about the depth of root of Japanese parking lot circumstances.

On the other hand, it is thought that “COMS” “i-ROAD” is still one person ride specification and there is still room for growth to increase the number of “stations”.
Future growth is expected.

“A new vehicle” have been go to be born in Japan

【Official site】OPEN ROAD PROJECT (TOYOTA Future Project Room)|【公式サイト】OPEN ROAD PROJECT(TOYOTA未来プロジェクト室)

(quote:openroad-project.com)

国土交通省による超小型モビリティ認定制度を活用し、2人乗りi-ROADが2015年11月から東京都渋谷区で走りだしました。2016年4月からは世田谷区も走行しはじめるなど、順次エリアが広がっています。

「超小型モビリティ認定制度」とは、国土交通省による、自動車よりもコンパクトな車両が公道で走れるよう認定する制度のことです。トヨタ自動車はこの制度を活用し、i-ROADの実証実験を東京都渋谷区・世田谷区ではじめています。制度の適用にあたり、車幅灯の見直しや、車両接近通報の装備など、1人乗りi-ROADの一部を改良。「自由な移動」の実現に向けて、大きな一歩を踏み出しました。

We utilized a microminiature mobility authorization system by Ministry of Land, Infrastructure and Transport, and “2-crew” i-ROAD started running in Shibuya-ku, Tokyo from November, 2015. Setagaya-ku begins to run from April, 2016, too, and an area is spreading out sequentially.
Upon application of microminiature mobility authorization system, we improved some of the 1-crew i-ROAD to “2-crew” i-ROAD, such as reviewing car width lights and equipment for vehicle approach notification. We have taken a big step toward realization of “free movement”.

Anyway, the i-ROAD during the demonstration experiment is “two-person ride specification”.

How to become a test ride pilot


You live in Tokyo, and application is possible if you usually have car licenses.
You can have you rent i-ROAD for one month if you was chosen.

A mom and a daddy during child care can go the child in forwarding and the company into a kindergarten.

Future future of ultra-small mobility in Japan


The story returns, we understood that it was difficult carsharing “car2go” of Daimler AG was unlikely to land in Japan as it is in its progress service form.
But on a global scale market, The microminiature mobility carsharing within the city may say that Japan has already lost Daimler AG.

How may small electric car “COMS” “i-ROAD” made in Toyota from Japan confront the world?
Want to expect it of Toyota, Times, Administration, the National Police Agency.

レクタングル

レクタングル

-カーシェアリング, English Contents

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

carsharing-user-1000000over

ついに日本のカーシェアリング会員数が100万人を突破し、会員数1,085,922人となったことが分かりました。 そこで、2010年から2017年の8年間の伸び率を、グラフ化してみました。 引用:交通エ …

carsharing-user-1000000over

日本のカーシェアリング会員数がついに100万人を突破し、会員数1,085,922人となったことが分かりました。 そこで、2010年から2017年の8年間の伸び率を、グラフ化してみました。 引用:交通エ …

drive-recoder-mirror1

いまやクルマの必需品とも言える、ドライブレコーダー。万が一の時の事故状況の証明などに付けていて損はないアイテムですよね。 主流は圧倒的に、フロントウィンドウに吸盤や粘着テープで固定して貼り付けるタイプ …

girl-times-unmanned-contract

深夜でも、今すぐタイムズカープラスに入会して会員カードを受け取りたい!そんなアナタにオススメなのが全国45か所にある、タイムズの「無人入会機」です。 Contents1 タイムズの「無人入会機」マップ …

times-amount1

6時間以上使うのは間違いないけど、何時に返却できるか分からない。 そんなとき意外と知られていない、6時間~12時間利用でガス代0円になるタイムズの使い方。 それは、「延長パック」というものです。 「6 …

chuudan-shoumeisho

カーシェアに転向するなら忘れずにやっておきたいこと。それは自動車保険の「中断証明書」の受領。これまでのノンフリート等級を10年間キープできます! 今まで入っていた自動車保険会社から受領した「中断証明書 …

YUKA862

カーシェアも学割じゃなきゃ損!学生なら月額基本料4年間無料 若い人や学生の方こそカーシェアリングを使うべき理由は、次の2つです! ・若いほど高額となる、自動車任意保険に「自分で」入らなくてよい ・学生 …

times-kawasaki-1

1ステーションになんと28台!(*1) カーシェアの「タイムズステーション川崎」が、ものすごいことに!! カーシェアステーションとしてはおそらく、日本最大規模!? タイムズ川崎を使えば、カーシェアライ …

約15年間のマイカー生活からカーシェアに転向して早7年。クルマの維持費削減に効果テキメン。 カーシェア歴7年ユーザが語る、カーシェアリングのデメリット18点・メリット10点・オトクな使い方6点を紹介し …

mitsui-no-repark2020

Contents1 実は、虎視眈々と駐車場数を増やしているカーシェア会社がある2 近似曲線を2020年まで伸ばすとどうなるか3 三井のリパークが躍進すると、なぜカレコが躍進するのか4 カレコに死角はな …

puncture-1411352_640

JAF救援、2015年度は36万件超。過去最多に JAFによるパンク救援は昨年2015年度は36万件超に上り、過去最多となったことが分かりました。 <JAF>パンク救援、最多36万件 セルフGSで点検 …

マイカーを持たずにカーシェアだけでクルマを利用した場合、年間と月額では平均いくらぐらいになるでしょうか。 著者の2016年の利用実績から、皆さんのイメージが付けば幸いです。 結論から言うと、メインカー …

times-station1

Contents1 タイムズがテレビCMを打たなくても、会員数80万人を集客できる理由2 カレコは、もっと「カーシェアここにあります!」とアピールしていい3 オリックスカーシェアが、残念な状況に4 オ …

クルマの流れが変わる、人の流れが変わる。 乗り捨てカーシェアが、東京の「公共」交通機関を激変させる時代は、すぐそこまで来ている。 Contents1 タイムズのクルマを、どこのタイムズ駐車場にでも停め …

times-carshare-station-closured3

Contents1 1週間前まで普通に使っていたステーションが、ある日突然消える日2 どのステーションでも、1か月後には解約となるリスクがある3 ステーションの行方を決めるのは、あくまで「地主」さん4 …

charge-table

2017年4月より「業界最安値」を打ち出した、オリックスカーシェア! 3大カーシェア会社で、長距離がトップコストパフォーマンス!それでは詳しく見ていきましょう。 Contents1 3大カーシェア会社 …

typhoon

Contents1 カーシェアリングに入会しておくことが、帰宅困難時のリスクマネジメントに2 料金はどのぐらい?どんなプランがオススメ?3 大手3社の夜間パックの価格一覧4 まずは入会しておくことが、 …

number-of-stations-in-tokyo

Contents1 カーシェア激戦区、東京都内のステーション数ナンバー1は?大手3社で比較2 ダントツトップは「タイムズカープラス」の2938ステーション3 首都圏特化型の「カレコ」が、カーシェア老舗 …

openroad-project4

英語コンテンツへ 「car2go」とは 「car2go」という、カーシェアリングサービスをご存じでしょうか。 ダイムラーAG社が、2008年から世界で順次展開しているサービスで、2016年現在でドイツ …

タイムズカープラスのカーシェアリング車両の、車種別の台数をグラフ化してみました。(2017年6月、独自調べ) 参考:タイムズカープラス(赤線:2017/06、青線:2016/10) Contents1 …

よく読まれている記事

ゆたぽん。カーシェアリング利用歴6年。自動車運転歴は約20年。趣味と実益を兼ねて、カーシェアのインプレッションや、取り巻く環境についてマジメに考察していきたいと思います。