カーシェアのオトク・便利な使い方

    終電を逃して自宅に帰れない?それならカーシェアのナイトパック2060円で賢く帰宅&出社!

typhoon

カーシェアリングに入会しておくことが、帰宅困難時のリスクマネジメントに

img_rain

遅くまでの残業や、大型台風などによる電車の運転見合わせで、どうやっても自宅に帰れない…。

そんなときのためにカーシェアリング会員になっておくのも、大事なリスクマネジメントかもしれません。

なぜなら、カーシェアリングは「まだまだ」穴場。電車が停まっていてもタクシーが捕まらなくても、カーシェアのクルマを確保できる可能性は相当高いのです。

料金はどのぐらい?どんなプランがオススメ?

カーシェアリング各社が用意している「ナイトパック」を利用する、という選択肢がとてもオススメです。

タイムズの「ダブルナイトパック」、カレコの「夜間パック」というものを利用することで、18時~翌9時の間、時間料金2500円(※)で借りられます。

※走行距離料金は別途必要。また時間料金はカレコを例示。

さらに終電を逃したパターンなら、タイムズの「レイトナイトパック」がオススメ。これなら0時~翌9時で時間料金2060円!(※)

※走行距離料金は別途必要。また時間料金はタイムズを例示。

会社近くのカーシェアのクルマを確保&帰宅して、翌日はそのまま返却&出社。

クルマでさえ帰宅困難な最悪な状況であれば、そのまま車中泊という荒ワザも。(シャワーは浴びたいところですが…)

大手3社の夜間パックの価格一覧

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆タイムズ「ダブルナイトパック」18時~翌9時 税込2580円
◆カレコ「夜間パック」18時~翌9時 税込2500円
◆オリックス「夜間パック」20時~翌9時 税込2500円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

タクシーは22時を過ぎると2割or3割増しになりますが、
逆にカーシェアリングは、夜間利用は特にオトクな価格設定になっています。

まずは入会しておくことが、帰宅困難時のリスクマネジメントに

とっさに使いたくなっても、会員になっていないのではサービスにあやかることはできません。

いざというときに使えるよう、予め会員になっておくことをオススメします。

【内部リンク】タイムズなら24時間いつでもカーシェアに即入会できる!無人入会機はココだ!

【内部リンク】カーシェア歴6年ユーザが語る、カーシェアリングのデメリット18点、メリット10点

スポンサーリンク